【資金調達済み】サイバーエージェント出身の起業家12人まとめ

query_builder2015/11/26 folder出身企業まとめ
サイバーエージェント 起業家

はじめに

サイバーエージェント。インターネット業界において、サイバーエージェントを抜きにしてその歴史を語ることができないほど大きな影響をもっている企業です。インテリジェンス出身の藤田晋氏が起業し、広告、アドテク、ソーシャルゲームと様々なジャンルでインターネット業界を勝ち続けてきました。

子会社に社長を任せるなど、様々な先進的な方法で人材を育成しています。世間でサイバーエージェントといえば、「美女軍団」「会社は学校じゃねえんだよ」といったトピックで話題にあがることがありますが、間違いなくインターネット業界でトップを争う企業の一つです。

その理由の一つに卒業生が、インターネット業界をはじめ各界で活躍しています。今回は、サイバーエージェント出身の起業家をまとめてみました。

1.村田マリ, iemo

代表取締役CEO 1978年岐阜県生まれ。

岐阜、千葉、東京、名古屋で育つ。早稲田大学文学部を卒業し、サイバーエージェント株式会社に新卒入社。6つの新規事業開発に参画。2005年3月コントロールプラス株式会社を設立し、ウェブ制作事業を始める。2009年にソーシャルゲームへと事業転換し、2012年にgumiに売却し、シンガポールへ移住。2013年12月にiemo株式会社を設立。家と暮らしのオンライン・メディア「iemo」をオープンし、2014年10月にDeNAに売却。現在、DeNAの執行役員として働いている。

2.大竹慎太郎, トライフォート

代表取締役CEO 1980年生まれ、群馬県富岡市出身。

2003年4月株式会社サイバーエージェントへ新卒入社。広告営業に従事。同社で新人賞やMVP獲得。その後、SBIグループを経て、2009年6月株式会社Speeeに執行役員として入社。経営企画を統括。同社子会社の代表取締役にも就任。2012年8月に小俣氏と共に株式会社トライフォートを設立。代表取締役Co-Founder/CEO就任。

3.二宮明仁, ハッチ

代表取締役社長(CEO)

大学卒業後、サイバーエージェントに入社。その後、グリーに19番目の社員として転職する。KDDIとの提携でスタートした「EZ GREE」のディレクションを担当。「クリノッペ」や「ハコニワ」、「海賊王国コロンブス」といったゲームに携った後、アメリカ子会社GREE Internationalの立ち上げにも参画し黒字化を推進。2013年8月にハッチ株式会社を設立。

4.坂本幸蔵, リッチメディア

代表取締役社長(CEO)1982年生まれ。

摂南大学を卒業し、株式会社サイバーエージェントに入社。営業として新人賞を獲得。入社2年目で早くも子会社であるCAテクノロジーの取締役を任される。2010年6月、株式会社リッチメディアを設立し、代表取締役社長に就任。インバウンドマーケティング事業を皮切りにB to C事業も手掛け、自社メディア「スキンケア大学」を開設する。

5. 菊池誠晃, リアルワールド

代表取締役社長

松山大学在籍中からWEB企画・制作・運用を行い、卒業と同時に松山市でIT企業の立ち上げに参画。2001年10月、株式会社サイバーエージェントに入社。2004年には同社でマネーシャー主任に。ポイントサイトの立ち上げや事業開発リーダーとして数々の業務に従事。2005年3月、株式会社シーエーキャピタル(現:株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ)へ出向。2005年7月、株式会社リアルワールド設立、代表取締役就任。

6. 武石幸之助, ワンオブゼム

代表取締役 1980年北海道生まれ、釧路市出身。

慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、東京大学大学院学際情報学部に進む。2004年9月、株式会社サイバーエージェントに内定した後、アルバイト時代にアメーバブログ立ち上げに携わる。2005年4月、同社に入社。2008年3月株式会社プーペガールを設立し 取締役に。2010年11月株式会社サイバーエージェント を卒業し、2011年1月株式会社ワンオブゼム設立。

7. 高場大樹, Translimit

代表取締役社長 1986年6月15日生、福岡工業大学情報工学部卒業。

株式会社サイバーエージェント入社。2013年より株式会社トランスリミット代表取締役社長

8. 角幸一郎, Actcat

代表取締役

2010年、徳島大学工学部卒。大学在籍時からフリーランスとしてiPhoneアプリをいくつかリリースし、累計DL数は約200万にのぼる。新卒として入社した楽天を2010年末に退職し、サイバーエージェント、リナプス、D.A.consortiumなどでサービスの企画・設計・開発に従事。また、スマートフォン向けアドエクスチェンジ事業「SmAdd」などもリリース。2012年にシードアクセラレーター、Open Network Labに採択され株式会社アクトキャットを設立。代表取締役。2014年、今までのtoC向けスマートフォンサービス事業から方向を転換し、ソフトウェアエンジニアの業務効率改善を目指すCIサービス、「SideCI」を始める。同時に、シードインキュベーションプログラム「Incubate Camp 6th」に参加・投資を受ける。

9.池谷大吾(CAモバイル出身), Smart Education

代表取締役

明治大学理工学部情報科学科を卒業後、同大学院に進学。理工学研究科で修士。2000年に卒業し、新卒で日本ヒューレットパッカード株式会社に入社。2004年8月より、サイバーエージェントの子会社である株式会社シーエー・モバイルに移り、2006年12月、同社執行役員就任。2008年12月には同社取締役就任。2007年7月から同社のSNSサイト、ソーシャルアプリ事業を手掛ける 100%子会社株式会社ixenの代表取締役も務めた。2011年6月から株式会社スマートエデュケーションにて代表取締役。

10. 都木聡, セレス

代表取締役社長CEO

1994年、上智大学経済学部を卒業し、野村證券株式会社に入社。2000年、株式会社サイバーエージェントへ転職。社長室長として同社の事業戦略立案等に携わる。2002年、同社を退社し、独立。2005年1月、株式会社セレスを設立し、代表取締役就任。

11. 早川与規, ユナイテッド

代表取締役会長CEO

早稲田大学政治経済学部卒業後、1992年株式会社博報堂に営業職で入社する。1998年アメリカ、シラキュース大学経営大学院に私費留学。1999年株式会社サイバーエージェント常務取締役に就任。2000年同社取締役副社長兼COOに。2004 年にモバイルサービスを展開するインタースパイアを設立し、代表取締役社長CEOに就任。2009年エルゴ・ブレインズと合併し、スパイア代表取締役社長CEO に就任。2012年12月モーションビートと合併し、ユナイテッド代表取締役会長CEOに就任。

12. 角田千佳, エニタイムズ

代表取締役,CEO

2008年、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業し、野村ホールディングス株式会社へ入社。2010年10月からの株式会社サイバーエージェント勤務を経て、2013年5月に株式会社エニタイムズ 設立、代表取締役就任。

おわりに

いかがでしたでしょうか?サイバーエージェントは多くの起業家を輩出する、人材輩出企業になっています。特徴として、東大や京大、早稲田、慶應といった、有名校でなく地方の大学出身の起業家を輩出している点があります。福岡工業大学、駒沢大学、摂南大学といったなかなか起業家の出身大学では見かけない大学の出身でかつ起業家としても活躍しているのが特徴ではないでしょうか。

上記の情報からもサイバーエージェントは入社後に成長できる会社の一つといっても過言ではないでしょう。サイバーエージェント、そしてサイバーエージェント出身の起業家から今後目が離せません。